読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad は捨てた

iPadをゴミ箱に捨てた
むすめのことを想うと胸が痛むが、いまの我々には制限をコントロールすることができない。
時間を設定してタイマーをかけて、時計はいまいち理解していないものの針の位置を示して、タイマーがなった直後はかわいそうだからその動画が終わるまでは許す。
というやり方には応じずいつまでたっても、まだ見たいまだ見たいになってしまうのを解決する方法が分からないから、娘の手からとりあげてそのままゴミ箱に捨てた。

今度からちゃんと約束を守れるなら拾ってきていいよと言ったが、嫌だスイッチが入ってしまった彼女は何を言っても嫌だになってしまったので、ゴミ箱から救出する猶予を逃したため、彼女の前からiPadは消えた。

まだ見たい
じゃあこれが終わったらおしまいだよ
うん

この、「うん」がテキトーになっているのだ。よろしくないのだ。
返事しときゃいいだろ的な形になってしまったらまずいのだ。

子育て難しすぎる。

自分の時間がほしい。