読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十肩。長過ぎる。

日記 自分のこと

四十肩の状態が悪化したのか、肩の可動域がにわかに狭くなって来たのでやばいと思い、たぶん9ヶ月ぶりに整形外科に行ってきた。(9ヶ月も治っていないのか)雨だからきっと空いているだろうとふんで行ったらビンゴ。普段は激混みで受診する時間はない。

診断では、もっと可動域が狭くなってほんとにやばくなったら注射するのがいいと言われた。
「注射って痛み止めなんじゃないんですか?意味あるの?」という質問をすると「炎症止めも入っている」というお答えだった。なんだ、そうか。9ヶ月前の話の感じだとただの鎮痛剤だと理解していた。

同時に腰痛を訴えたらすぐさまレントゲン(なにはともあれ、すぐにレントゲンを撮る病院)結果的には、たいへん綺麗な腰だとのことで、「ま~腰痛は薬(痛み止め)飲んでおけばいいんじゃないですかね」と。腰痛ごときで痛み止めを飲むのは嫌なので、処方はされたけど薬局には行っていない。

肩に関しては、理学療法士の先生に詳しく触診されたのち、地味な筋トレを教わった。

ちょっと、今後もひとりでやれる自信がないような地味な動かし方のトレーニングだ。

常に、この動きであってる?と確認したい内容を2パターン。肩甲骨のトレーニングと、腕のトレーニング、ほんとうにちょびっとしか動かさないのだ。インナーマッスルを鍛えているんだと思われる。

しかしこれに関しては意味がありそうだから継続してみようと思う。

触診の際、「トレーニングとかされてるんですか?」と聞かれた。一番最初にも運動してるかと聞かれてしてませんと答えたのだが。何でだろうと後になって考えてみると、アラフォーにしては脂肪が全然無いから何かトレーニングで攻めてるのかな?と思ったのかもしれない。ただ痩せているだけなのだが。しかし、真意は謎なので聞いてみれば良かった。「いや。スクワットと腕立て伏せくらいです。時々ダンベルやります。」と答えただけ。

 

★先日、むすめの髪を美容院でカットしてもらっている間にぱらぱらめくったhanakoが、保存版なにおいを放っていたので、その場でポチッておいた。

届いたけれどまだ読んでいない。

でも、これ系の特集の時は、買いだ。2冊ほど、保存してあるhanakoあって時々開くとよい。

卒園式があるので、ちゃんとした店で切ったのだ。パパの髪は…

Hanako (ハナコ) 2017年 2月9日号 No.1126[チョコレートと抹茶。]

Hanako (ハナコ) 2017年 2月9日号 No.1126[チョコレートと抹茶。]

 

 それから、久しぶりに本のブログの方も更新したよ。料理の本だから興味は薄いかもしれないけど、楽しい本だよ。ケンタロウと秘密の料理道具箱 - 書籍履歴 BOOKS I'VE READ