子供たち LIFE AND KIDS

パパです。共働き子供二人のライフスタイル。

ケンコーシンダン

健康診断にいった

40歳のときにつけられるオプションをつけた

肺活量と腹部エコー。(他にもあったかも)

肺活量は生まれて初めてはかった。
(人に話したら小学校のときにやってないか?と指摘されたけど)

思い切り吹くだけかと思っていたら、検査は二種類あって、深く呼吸をする容量?を計るのと、強さだった。機械を咥えたまま呼吸をし続けなければならなかった。吸口だけは紙でできた筒がマウスピースとなって使い捨てで衛生面をたもっていたけれど、深く呼吸するんだから、本体には無数の人の呼気が通過しているんだよね...それを深く吸っていいのこれ。やだなあ。と思いながらやった。

思い切り吹くやつは、脇腹の筋がつりそうになった。やばかった。

血圧は機器による測定だった。採血と反対の腕で、ということになったので左腕での血圧測定だった。左側は四十肩なので痛くてつらかった。

採血は終わったあとに倒れるから寝てやりたいって言ったら(毎度のこと)心電図のベッドでやった。だから心電図の回転が少し悪くなったと思う。休んでいる間にそのまま心電図の検査をやってしまえばベッドがうまっていたとしても回転に影響なさそうだし去年はそうしていた気がするけれど、今回はなぜだか心電図はずっと後だった。ずっと後だったけどやっぱりまた同じベッドに戻ってきた。さっきやればよかったのに。

60歳近そうなちょっと雑そうだけどためらわずに刺しそうな看護師さんだなという予想は的中した。痛かったけど一発でやってくれた。めんどくさい、自分の体が。

帰り際に「メタボではありませんでしたよ」って言われたけどこんなに痩せててメタボだったらかなり驚きますね!と返しそうになった。

エコ-の結果がどんなものか。

 

 

広告を非表示にする