子供たち LIFE AND KIDS

パパです。共働き子供二人のライフスタイル。

溶連菌だった

f:id:dorymogy:20181030151000j:image

  • 学童から電話「もうすぐお迎えだとは思いますが、泣いてたのでどうしたのか確認したら頭痛だそうで、熱を計ったら38度あります。」
  • 急いで向かう。とはいえ、先に保育園の下の子を迎えにいく。熱と頭痛の子をつれて保育園には行けないので。
  • 「おねえちゃんが熱だから急ぐよ。」というと大声で「おねえちゃんが、ねつ!」と言いふらしながら園内を歩く5歳ボーイ。やめてくれ。いつもいうけど、不調をアナウンスして歩くのをやめてくれ。どうせ覚えてくれないだろうけど。
  • とりあえず、寝かす。熱が出ると、いつも、メーメーぐずぐず泣く8歳ガール。
  • ケトン低血糖症状の自家中毒が過去に2回でたことがあるのでビビってジュースなどを飲ませる。ウィダーを与えようとするも食欲がない。もしやお菓子でもいいか?とぷっちょ食べる?というと一旦断ったのちに、食べる、と。いうことで与える。23時ころか24時ころか、わすれた。
  • うなる声を発するスパンが短いから声をかけた「なんか、気持ち悪い」。あこれは吐くかも、と思い「トイレいく?」と声をかけて、ワイフ&ボーイが寝てる部屋のドアをあけて、「ちょっときて!」と声をかけつつドタバタと2階へおりる。こんなとき3階建てはつらい。
  • 「トイレにする?ゴミ箱がいい?」「ゴミ箱がいいー」と半泣きの返事。すぐそばにあった日常のIKEAのゴミ箱に誘導しようと思ったが、10秒くらいは間に合いそうだと思ったので、半年以上放置してあったリバース用のダンボールを部屋のすみから素早く取って渡した。間一髪。
  • このダンボール、ニューエラの公式サイトでキャップを買った時の箱なんだけど、なんともいえずちょうどいい大きさである。ビニール袋を入れて、飛び散らないようにティッシュもセットしてある。半年くらい前のケトンの自家中毒でリバースした時に、用意してあったやつだと思う。
  • この時には、ワイフも登場して二人がかりでケア。私は背中をさする係。スタンディングのままぜんぶ出せた。ガールの中途半端な長さの前髪が邪魔すぎて困る。
  • 終わったあとは、オウトロックをザザーっとふりかけて吸わせて、しばり、さらにBOSに入れて口を縛り、さらにスーパーの袋に入れて口を縛り、外へ。

    嘔吐物凝固剤 オウトロック

    驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋 赤ちゃん用 おむつ 処理袋

  • とりあえず、だいぶスッキリした顔をしていた。
  • 気持ち悪いって申告できたし、上手にリバースできて成長を感じた。
  • 前のケトンの時は、急すぎて、間に合わなかったけど。
  • これは、なんだろうねえ。と夫婦で話合う。胃腸炎ともちょっと違う気がするよね。可能性は潰せないけれど。
  • 翌日、ワイフが小児科へ連れて行ってくれた。わたしは、ボーイと留守番。
  • ラインが来る。溶連菌だったよと。
  • 喉の腫れが著しく、小児科の先生が「痛くないの?」と驚いたらしい。
  • 嘔吐は症状にはあるものの、一番よくある症状ではないらしく、発熱と喉が主なものらしい。他のご家庭で食事がとれない子の話もきいた。
  • 調べてみると、皮膚感染までするらしく、かなりの感染パワー。潜伏期間もあるので、向こう1週間くらい家族の誰が発症してもおかしくないのでメンタル的には疲れます。来週末の帰省はキャンセルに。
  • しばらくたったら、抗生物質で完治したかどうか、尿検査をしなければならないらしい。きちんと治さないと別の重い病気になるらしい。そういう病気を合併症とか続発症と呼ぶらしい。
  • 登校に許可が必要な病気では、ない。

 とにかく、成長を感じたことを書いておこうと思ったらこんなに長くなった。

ずっと一緒に寝ているので寝不足です。

気休めかもしれないけどマスクをして寝ているので耳がいたい。

 

 

 

 

嘔吐物凝固剤 オウトロック

嘔吐物凝固剤 オウトロック