子供たち LIFE AND KIDS

パパです。共働き子供二人のライフスタイル。

HELLO HELLO Bonjour Ciao!

今年は溶連菌が流行している?

先週は、ボーイの溶連菌で何日か看病デイズだった。

月曜日には、登園してすぐに腹痛を訴えてそのまま帰宅。「なんか吐きそうな痛さ」というからすぐに帰宅して休んだのだった。月曜日に仕事を休むのは非常に厳しい。

前々から導入を検討しつつ決断が伸ばされていたVPNデスクトップを臨時決行し、会社のサーバーにアクセスして難を乗り越えた。

結局、ボーイは吐くこともなく、下痢をすることもなく一日が終わった。

翌日の火曜日の朝、起床とともに喉の痛みを訴えはじめた。この子が咽頭痛を訴えるのは珍しいので、嫌な予感。予感ではなくほぼ直感。

マグライトで照らし、喉を確認すると、あかかった。なかなかうまい具合に口が開けれず喉の奥は見えないが、のどちんこの赤さは明らかに異常だ。「これは、溶連菌キタな。」園の掲示板には、溶連菌の発生が記されていた。先日ガールもかかったが、日数が経っているので、潜伏期間にしても長過ぎる、おそらく園経由だろう。

小児科へ行った。

2日連続の看病休みだ。

溶連菌は、のどに綿棒をこしょこしょして検査する。病院での喉調べが大嫌いなボーイだが、なんとか乗り切った。結果は、やはり溶連菌が陽性だった。

抗生剤が処方される。飲み切るように、とのこと。また、しばらく経って、尿検査のために来院すること。完治していないと別の重い病気にかかることがあるからだ。

前にも、書いた。 溶連菌だった - 子供たち LIFE AND KIDS

月曜日の腹痛も、溶連菌のせいだったのだろう。

経験と情報により、直感的に溶連菌を疑ってビンゴだったわけだ。

何事も、経験だな、とあらためて思った次第。