子供たち LIFE AND KIDS

パパです。共働き子供二人のライフスタイル。

病児でシッターさん頼んだのに...

変に特定されちゃってもアレなんでどのこサービスかは書きませんが今回のシッターさんは、よくありませんでした。がっくり。ぐったり。さようならお金。

 

病は急に、なので仕方ないのですが、病児対応のシッターさんは前夜に頼む形になりますよね。
明日の仕事どうしよう!って困って頼むわけですから。

前回頼んだシッターさんにまたお願いしようと思ったんだけど、15時までしか対応できないと表示されていて(ネットのシッター紹介サービスの画面で)、病気OKで絞り込むとほとんどいなくて、しかたなく大丈夫そうな人で連絡とってみたんです。ワイフが。

年齢も高めで、いきなり最初のやりとりから駅から遠いからタクシー代を出してくれとか(バスに乗ってくれよ)、タクシー代は前払いで現金でくれとか(本来は、紹介サービスを通じてお支払い)、ちょっと違和感はあったんです。

市のシッター助成制度を利用したいので、交通費現金でとかいわれると帰りの領収書をもらえないので、申請額が減ってしまうのも嫌なところ。だってタクシー代なんて高いし。

こちらとしては、もう他に手立てがなかったので、要求は飲みましたよ、ええ。
言い方は悪いけど向こうもこちらが要求を飲むことを見越していたのでしょう。なにしろこっちは困ってるんだから。向こうは現金に困ってたのかもしれないけど(交通費前払いってどんんだけギリギリ生活だよと思ったら高級ブランドの靴履いてた。変なファッションのおばさんだった。)

 

とにかくなにがよくなかったって、病気の子のシッター頼んだのに

一日中起きてたんだって!
おーい!寝かせろよ!

トランプやったりカードで遊んだりテレビみたりしてました〜。って、はぁ?ですわ。
熱がなかったとしても、休ませたりしますよね。風邪ひいてんだから。
基本寝かせて、時々、起きてテレビ見るとかipadは30分とか、紙に書いて渡してあるわけですよ。内容フリーでおまかせしていたわけじゃないのよ。

「もう大丈夫だと思いますよ〜。さっき測ったけど熱もないし。」って。

帰ってすぐ測ったら、37度オーバー。ん?熱がないだと?
ちゃんと測れてなかったんじゃないの。ばーさん。(どんどん口が悪くなる)

一時間もしないうちに38度超えたぞ。一日中遊ばせてたせいだろこれ。

 

食パンにメールプシロップつけてあげました、とか。
冷蔵庫勝手にあけて、メープルシロップ見つけて勝手に与えたんかい。
いや、冷蔵庫は開けていいっていいましたよ。お皿に、おかゆを入れてラップしてありましたからね、それを与えてくださいっていいましたからね。レンジのやり方も説明して紙にかいて貼り付けておいたので。
おかゆのことしか伝えてないし、冷蔵庫の中身勝手に与えていいなんて言ってないし。

 

よかったらどうぞって、出したお菓子があったんですよ。
テーブルに置いといたわけですよ、3つほど。スーパーで売ってる和菓子アソートセットの中身ですけど。帰ってきたら1つなくなってたので、1つだけ食べたんだなと。
だなと、1個だけ食べたんだな〜、と、と、と、思ったら、後でボーイに聞いたら、ボーイが食べたんだってよ!おやつに食べたってよ!何勝手にお菓子与えてんの!わけわかんない!もう!

第一印象がですね、「病児シッターで頼んでるのに、化粧品だか香水だかわかんないけどぷんぷんくさいよ!」だったんです。おばさん特有のあの香水にしては臭いけど香水のような何かのあの臭い。むかーしのおっさんがつけてた安い香料?もくさいけどあの女性バージョンかしら?

そういう違和感は、間違いないですね。

人は第一印象で分かりますよね。前から言ってるんですが、人は見かけによらないんじゃなくて、人は見かけによらないこともある、なんですよね。基本的に見かけによりますよね。

 

いやーまいったほんとにまいった。
違和感というのは、直感なので、間違いないですね。ファーストコンタクトのタクシーの時点でおかしかったですわ。いやその前の写真とかプロフィールとか他の方のレビューの段階で違和感はあったんだけど、自分たちの困っている心理からなるべくそこには蓋をしてしまいましたね。
これなら仕事を休んだほうがよかったよ。

だって、結局長引いちゃってるし。

今日も休みだし。ワイフは出張に行ってしまったし。

あー孤独。新興宗教にハマるのは主婦が多いって大学で勉強した気がするんだけど、こういう孤独にすすすすーっとつけいるんだろうなあ。

小学生二人ってまじつらいじゃんこれ。なにこれ。

あー、朝から何書いてるんだろう。

 

ここまで読んで下さった奇特なお方、ありがとうございます。

世の中のまともなシッターさん達、ありがとうございます。存在に感謝しています。

Ciao!!

 

追記

他にもいろいろあったんだけど、来て早々、え?って思ったことがあったんだった。書きたかったんだった。
子供が枕元に、妖怪ウォッチ置いてたんですよ。最近終わったしまったばかりのシャドーサイドのウォッチを。
それみて「あ、これしってる。うるさいんだよね〜これ。」あと言い方忘れたけど、うるさくて嫌い的なことも言ったんですよ。それで、私(無言...)がいることを思い出したのかハっとして、「子供にとっては面白いかもしれないけど、大人にとってはうるさいのよ〜。」とか言い訳してました。

思い出すほどに、ウザい人でした。いろいろ思い出しますわ。
私がいるまでそれだったから二人の時に何言ってたか分からないです。。。

 

翌日、

「パパ、シッターさんがUNOアレルギーって言ってたんだけど、それなに?」 
という質問もされたので、UNOやりたいと言ったボーイに対して、そう答えたんでしょうね。それは子供に使う言葉じゃないだろうよおばあさん。
最近のこどもたちは、アレルギーという言葉は、保育園でも幼稚園でも学校でも、知っているんですよ。非常に気を使う時代ですから。
UNOアレルギーとか言われたら混乱するよ!

「まるでアレルギーが出てしまうみたいにUNOが苦手っていうことだよ」と説明したら理解したけどね。

以上、思いが収まらず、追記までしてしまいましましま。