子供たち LIFE AND KIDS

パパです。共働き子供二人のライフスタイル。

洗濯機を修理した。買い換えずに修理した。(2)

それにしても、修理を依頼して色々、驚いたことがある。まずは、非常に狭い我が家でよくまあ修理したものだ、ということ。脱いだ洗濯物を奥スペースすらない我が家の洗面所に洗濯機を倒して修理をやってのけていたのだ。余談だけど、その洗面所の狭さに対して何故かお風呂だけはゆったりしているので、「設計した人は何を考えているんだろう。」と毎日思っている。セールスポイントにしたかったのだろうか。トイレも狭いし洗面所も狭いし、収納もすくないけれど、お風呂はゆったり、そして極めつけに日々イラつくのがコンセントのない廊下。

話はそれたけれど、他にも驚いたのは、作業時間の短さだった。2時間もかかっていない気がする。メモしておけばよかったのだけど、忘れてしまった。手伝ったけど乾燥機を降ろす以外はお一人でなさっていた。洗濯機を倒して、底の裏側にあるモーター類の部品を一式交換していた。そうだ、その前に、洗濯機のなかのぐるぐる回る部分を外していたので、見せてもらったら、ぐるぐるの下はとてもばっちかった。

乾燥機を外すところだけお手伝いをして、あとは自分はお邪魔なので退き、仕事をしていた。ちょっと、ベアリングが固着していたのか、なかなか外れなくて少しだけ苦戦している雰囲気が伝わってきた。修理が終わったあとは、交換した部品を見せてくれて、それから降ろした乾燥機をまた載せるのは手伝った。

そんなこんなで、我が家の洗濯機は確か2万円くらいで直った。あと5年ももってくれたら最高だな。もとはバッチリとったと判断してもいいだろう。

訪問修理の類の人が持っている携帯でカード決済をしたり、伝票がジジジジジと出てくる小型のプリンターはいつみても楽しい。滅多に見ないから、「いつみても」と感じるのだろうけれど。

清掃のプロではないにしても洗濯機のプロだからと思い、カビの対策も聞いてみた。定期的に塩素系の洗浄剤で洗っているとのことだった、結局、それしかないんですよね。自分は、メーカー純正のちょっと高めのやつを使っていると話したら、

「高くて買えないけどあれはみんな聞くと言っていますね。うちはとても高くて買えませんが。」

と、値段の高さを繰り返していた。そんなに高かったかなあと思って話していると少し値段を勘違いしているようだった。一度やるとけっこうもつので、安いやつを頻繁にやるのとあまり変わらないかもしれないよ。かなり強烈な塩素なんだろう、と思い少し抵抗を感じたりもするけど。窓開けは必須な臭いだし。けど、きっちりいなくなる。枯れ葉みたいな、あの洗濯機特有のカビが。

色々と話はそれたけれど、洗濯機が直って良かった。我が家の洗濯機は慌て気味に購入したお気に入りではない物なので、少し心が揺れたけれど新品を買わなくてよかった。

まだまだ、いけるよ。まわるよぐるぐると。

 

 アマゾンとヨドバシカメラはいつも価格競争しているけれど、洗濯槽クリーナーに限っては、ヨドバシの方が500円近く安いのだ。不思議なのだ。

アマゾンでは2000円もする(これは確かに高い高いと言いたくなる)けれど、ヨドバシは1570円でポイントも付くのだ。

せっかく、画像もリンクもない記事を投稿しようとおもったけれど、やっぱり紹介して方がいいかなと思うので、文末に書くことにした。

 

ヨドバシカメラはこっち ↓ 

https://www.yodobashi.com/product/100000001000277456/