子供たち LIFE AND KIDS

パパです。共働き子供二人のライフスタイル。

今日からお弁当

終業式はまだだけど、給食は先に終わる学校。

今日から、お弁当。

学校は、午前で終わり、お弁当を持って学童へ行く子供たち。

お弁当作りで起きるのが早くなるのにパパは寝付けず、昨晩は2時半くらいまで記憶があった始末。寝付けなくなるとだんだん尿意が気になりはじめる、結局しまいにはトイレに立つのにずるずると時間を過ごしてしまう気がする。そして排尿後に眠りにつけることが多い気がする。排泄と関係があるのか、ちょうどいいかげん眠れる時間までトイレを先延ばしにしているのか、どちらだろう。

 

とにかく、寝不足で終了な一日だった。

始まりからすでに終わっていた。

いや、お弁当作りから子供の送り出し、ゴミ捨て洗濯物干しあたりまでは何故か生きていた、あとはゾンビだった。

 

お弁当といっても、

パルシステムで買った王将の冷凍チャーハン(パル仕様)を炒め、ウインナーを焼き、冷凍枝豆と冷凍コーンを炒めバター醤油味付けに、冷凍のきんぴらごぼう、りんご。

という有様だ、いつものことだが冷凍食品に頼りきっている。

今日のメニューは、一気にフライパン三つ同時加熱で作れて楽だった。

りんごは、ニュージーランド産のジャズリンゴとかいう小さいやつ。

しょりしょりしていて好き。

 

がっつり寝落ちしてしまい、風呂の前にふと更新している。

そとは、豪雨。

京都ではアニメ製作所が放火される痛ましい事件があった。

今回のシッターさんは良かった

夫婦ともにどうしても外せない仕事があって、シッターさんを頼んだ。幸いなことに、空きがある方がいらしたので。

 

前回のひどいシッターさんの、苦い思い出が払拭された。

着いて早々にエプロンを着けて、必要事項を手際よく聞いてくれ、とちゃんとしてるポイントをあげつらう前に、そもそもちゃんとした方は数分の会話のコミュニケーションでわかりますよね。というのをあらためて実感した。

 

発注した段階で嘔吐がなく、来てもらった時に伝える形になってしまい申し訳なかったけど、快く対応してくれた。

 

別れ際には、元気な時にまた会いたいね〜としきりに声をかけてくれ、子供としても好感を抱いたと思う。

 

残念ながら、これで明日は回復日にして明後日から学校だと思ったら朝からまさかの症状復活。衰弱しきっている。

親も疲弊している。

家庭内感染は、防げている。

上の子が乳幼児の時に痛い思いをして以来、家庭内感染は我が家は防げていると思う。

以前に書いた記事のような形で対処している。

 

ご参考までにどうぞ

我が家の胃腸炎対策 - 子供たち LIFE AND KIDS

ジャンプ

週間少年ジャンプを買ってみた。
小1ボーイには、まだまだ早いと思った。昔より、読者年齢層のターゲットが高いのではないかと思った。「少年」ってつけてるけど、少年なのか?と思った。変なエロい絵の漫画が多いし。なんとなく昔(25年前くらい)のマガジンやサンデーに載っていそうな漫画が多いと思う。

コロコロイチバンを時々買ってあげているけれど、高いので、普通のコロコロコミックに興味を移行してもらうべく今度出たら買う。

3年生になったら900円お小遣いをあげる予定だけど、コロコロイチバン愛読者になってしまったらお小遣いでは買えない。

900円というのは、4月から始めた小3ガールのお小遣い、年齢×100円。

小3だから300円でしょ!みたいなノリでいたのだが、ちゃおを買ってあげるのをやめて、お小遣いに含めるという形になった。
ちゃお、お友達へのお誕生日プレゼントは、自分で買う、という条件のもと年齢×100円=900円に。主に、ワイフの提案。

怪しい請求かと思ったら違ったっぽい

あまり見たことがないようなすごくシンプルなデザインと文言で、昭和S石油株式会社を差出人とした、「ここからゆっくりはがしてください。」と書いてあるあの剥がすタイプのハガキが届いた。

開くと、これまた極めてシンプルな、デザインと文言の払込票だった。CVS専用と印刷されているからコンビニ限定。受取人が昭和S石油で、払込人がわたくし。あとは金額しか書いてない。半端な数字。ありそうな、なさそうな。

なにこれ??

ガソリンのために、昭和Sのクレジットカードを使っているのと、電気の契約を昭和Sでしている。ガソリンの利用に応じて、電気代が安くなる、みたいなやつ。(あまり効果を感じていないけど)

なので、昭和Sを利用はしているんだけど、そのうちの何ナノ?カードが残高不足で引き落とせませんでしたという額にしては少ないし、なに?

はがきの、反対側も開けるようになっていた。

開いてみた。

明細に、ホームプラン、と書いてある。なにそれ!と思ったけど、電気代ならホームプランってプランだったかもしれない記憶にないけど。

問い合わせ先が出光昭和S 電気お客様センターって書いてあるから、電気か。

でも、不穏。とにかく、不穏。メールで届く、電気代はめんどくさくてチェックしていないからすぐに判断できないからとにかく不穏。

いつもクレジットカードで支払っているのに、なぜ?なんで?引き落とし不備とかだったらそう記載するよね?名目はなに?

明細にはホームプランとだけ書いてあって、ホームプランの何なのかも書いてない。固定費なのか、電気量なのか、別の何かなのか、ホームプランの何なのさ!

要するに何でこんなにそわそわするかっていうと、迷惑メールにそっくりな雰囲気をかもしだしているからだ。本物っぽいけど、どこか情報が足りない。極めて本物っぽいから、この紙に書いてある番号へ、かけてみたいけれど、それが罠かもしれない、そう思わせるこのハガキ。これが本物だったら逆にすごいセンスだ。

子供に「これ、きっとさぎだ。」といって、情報ってのは漏れるんだよ、だから学校も連絡網が廃止されたんだよ、とかいろいろ話した。

ご飯の支度をしなきゃいけないけどとりあえず、Sからのメールをチェックした。支払いができなかったとかそういう話はない。昭和Sが出☆昭和Sに変わりますよってメールと、毎月の電気代のメールだけだ。

直近の電気代のメールをチェックしてみた。

するとどうだろう、恐ろしいことにさっきのハガキと金額が一致していた。問い合わせ先の電話番号も同じだった。

クレジットカードの有効期限の情報を更新していなかったかなあ。でもそれならそれで、エラーのメールとか飛ぶよねえ普通。

「ええ?これ、ほんもの???でもこんな変な数字の電気代だったことあるかなあ。妙に安いなあ。」「パパさぎかもっていったけど、本物ぽかったわ~。」

忙しいから、とりあえず、明日かけることにしよう。もうコールセンターの営業時間終わってるし。

 次の日、朝からかけてみた。

すると、お待ち下さいのアナウンスどころか、プープープー音。

本物だと思ったのに、怪しい。プープープーって。何回かかけてみたけど、プープープー。

もっと時間をおいてみた。色々仕事してから、空いた時間にまたかけてみた。やっとお待ち下さいのアナウンスになった。でも全然つながらないから切った。

これは、本物だったんだろう。それで、みんなわたくしみたいに、えええ???と驚いて電話をかけまくっているのだろう。それで回線がパンクして、担当者はてんやわんやなんだろう。

午後になって、【重要】と頭に書いてあるメールが来た。

・お宅にコンビニ振替表(圧着式ハガキ)行ってるよね?

・カードセキュリティを強化したから、クレジットカードの有効期限切れで請求できないから、コンビニ振替表を発行したよ。

・別途、書類を送るからよろしく。

とかなんとか色々書いてあった。ウェブからも登録できたと思うけど、そのことは書いてなかった。なんでだろう。コンビニ表で払いたくない人は、後日送るクレジットカードの登録用紙でご連絡下さいとも書いてある。

今まで、カードの有効期限をチェックしていなくて、急にやりはじめて、一斉にエラーがでて、大量に払込はがきを送った結果、電話回線がパンクして、あわててメールを送ったと、推測してみる。そうじゃなきゃ納得できない不安感。

メールの内容をまるごと転載したくなるような、やっぱりどこか違和感のある文面なのだ。その点では、先のハガキと統一感はあるから、本物にしても偽物にしても同じ組織ではあると思う。

メールが届いたのに、まだ「これ払っていいのかな」という違和感が消えない。

すごいセンスだと思ったし、勉強になった。

どうして不安を感じるのか、これがもしどうだったらお客様は安心するだろう、そういう視点で自分の仕事に活かそうと思った。

 

まだ、払うことにためらいは残る。

 

 

 

★久々のテト1。23時代は初かも。1148回プレイして、1位回数は、18回。たったの18回のために、いつも、一喜一憂している自分。気晴らしがこれだけって…

 

株主総会に行きそびれた

お財布を忘れてユナイテッドアローズ株主総会に行きそびれた。
それに出席するためには、普段自分がやっている子供のお迎えも夕飯作りもワイフにお願いしなければならないから、事前にお願いしてあった。そのために月に数回利用できる、自宅で仕事をする制度を使ってもらった。
一度行ってみたかったのと、もう企画されなくなってしまったモンキーのストラップフィギュアがもしかしたら配布されないかな?と淡い期待があったのと、あまりにも活動範囲が狭すぎて息苦しくなってきたから、夜のお出かけをしてみたかったこと、ちょうどお金は交通費しかかからないし、そしてなによりも金曜日だから子供たちの寝る時間が少し遅くなっても大丈夫だなと判断できたこともある。ワイフは、ほとんど俗にいうワンオペをしたことがない。だから、任せたら色々たいへんだろうと思う。子供の寝る時間が遅くなるというしわ寄せは間違いなく発生すると思う。だって、なれている自分だって、ワンオペの日は遅くなるもの。
月に一回、住んでいる市から出るか出ないかくらいの生活範囲の狭い私なので、まあ色々とイレギュラーなことなのだ。飲み会だって年に0.5回くらいしか行かない。最後に行った飲み会はいつだろう。おととしだったろうか、沖縄にて暮らす友人が、帰京した際に渋谷で友人たちと囲んだ時だと思う。
会場には、車で行った。電車賃はけっこう高いし、何しろ嫌いだし、時間が無駄にかかるから。帰りは絶対車の方が早いし。駐車場代はかかるけれど、滅多にお出かけをしない私としてはそれくらいお楽しみ代として出費しても構わなかった。そういいながらもなるべく節約しないとダメ子ちゃんなお財布事情だったから事前に調べたコインパーキングに停めようと思って、そこに行った。そしたら、調べたつもりだったのとサービス内容が違っていた。凄まじく細い道路を、ポルシェの後ろについていって、たどり着いた渋谷のコインパーキング。見間違いかもしれないけれど、上限金額の設定がなさげだった。お財布を忘れていることを知らない哀れな私は、腐った脳みそをくるくる回転させながら判断して、時間も差し迫ってしまったし、そこはやめた。本当に笑ってしまうくらい細い道をくねくね通ってそのエリアから抜け出し、結局、会場のホテルの地下Pに停めることにした。渋谷のクレセントホテルだ。
値段は強烈に高いわけじゃないけれど、停めている車は思ったほど多くなかった。あのホテルに車で泊まりにくるお客はほとんどいないのだろう。
車を停めて、無駄に大きいかばんから、小さめのかばんに、お財布と株主総会に入るためのあの紙(名前がわからない、賛・否とかに印をつける、あれ)と飲み物を移そうとしたその時、やっとお財布が無いことに気がついた。自分のお財布と家計(生活費など)に使っているお財布を分けているのだが、両方共無い。そうだった、めずらしく、昼に両方持ってコンビニに行ったのだった。間違いない、財布は、会社だ。あるのは、スマホケースに忍ばせてある予備の千円だけ。車に小銭もない。あったとしても数百円だが。
そうだ、手帳だ。トラベラーズノートの手帳にクレジットカードを一枚くらい入れてあった気がする。たしか、ヤフーカードを。よしよし手帳はあるぞ、しかし「あー!カードないじゃん!」そうだった。少し前々、入れっぱなしだったヤフーカードを家計のお財布に移動したんだった。そんな気がする。理由は忘れたけど。移動した記憶がある。ああ、お手上げだ。ツモった。いやツモじゃなくてフリこんだ、か。なにもツモっていない。それにしても、日常で使うテンパると麻雀のテンパるは全然意味が違うのはなんでだろう。麻雀から派生した日常語ではないのか。
とりあえず、スマホに入っている千円で脱出できるうちにこの地下Pから退かなければいけないのだが、お小水が満タン。トイレにだけは行かざるを得ない。
便意は後回しにすべからず。これ鉄則なり。
幸いにして、すぐにトイレを発見し、済ませた後に事前精算機もあり、駐車券を挿入すると、あまりの短時間のため、料金は請求されなかった。良かった。これからまだ何が起こるかわからないので、スマホケースで待機している千円札の出番は無いに越したことはない。漱石先生まだまだ寝ていていいですよ。

 自分はずいぶんてきとーマンになってしまったようだった。低能だけどこういうところの準備だけはちゃんとするのが取り柄だと思っていたけれど、これではただの低能うんこだ。そういうことに労力を割かなくなっている自分には薄々気がついていた。行けばどうとでもなるだろう、みたいな事前準備を怠る気質がこの10年で育ってしまったと思う。この1年で色々どうでもいいや精神も大きく成長してしまったことだし。そんなことを考えながら非常に悔しい思いで地下Pから出ることができた。

やさぐれ気分でどこかでラーメンでも、と思っても手持ちの千円札一枚ではリスキーだった。ふと思いついたのは中目黒にいる友人の存在。時々連絡は取り合うが、かれこれ2年は会っていない気がする。会えない可能性の方が高いのだが、電話をかけてみたら、つい10分ほど前にでかけたところだった。途中で落ち合うことも提案してくれたけれど、会えても10分おしゃべりができるか否かというタイトな状況だったから諦めた。


246と世田谷通りを流して、また家族でオークラランドでボーリングをしたいな、などと思いながら家に帰った。ワイフが作った夕飯の残りがあったので食べた。湯上がりの子供の頭を乾かして、歯を磨いて、むすめを寝かしつけた。
げんなりした日だったけれど、締めくくりはいつも通りの夜だった。
それはそれでよかった。

パウンドケーキ 失敗

バターのまぜまぜが足りなくてふっくらさせる原動力が足りなかったのと、粉を入れたあとに混ぜ過ぎて(そんなに混ぜてないつもりだけど)グルテンが発生してしまった、二つのダメな要因を両方やってしまったのかもしれない。

グルテンがあると膨らむ前に固まってしまうとかなんとか。

 

というわけで、パウンドケーキが全然膨らまなかった。

何度も作っていて、はじめてのことだ。

 

初めて電動ミキサーを使わずに手でバターを混ぜたら、膨らまないパウンドケーキになってしまったので、これが一番の原因のはず。

これであきらめずに次回も手でやる。

パウンドケーキのめんどくささは、道具のめんどくささだから、手で上手に作れるようになれば全然腰が重くならない。

はるみさんの雑誌だって、手でバターを混ぜていたし。手でって、素手じゃなくて、混ぜる道具はもちろん使います。電動ミキサーを使わないってことです。

はい。

 

こんな四角いやつになった。

あげく生焼けも発生。

このあと、アルミホイルで巻いてオーブンで焼きなおしたら、謎の美味しいお菓子になった。

f:id:dorymogy:20190624082225j:image

 

 

 

おじぎ草を買った

パンジーがくしゃくしゃにしおれてみすぼらしい花壇になった。

「ほら花なんか植えるから、お金かかるのよ、草にすればいいのに。」倹約家にはそんな嫌味を言われるだろう。

裏通りなのに(いや裏通りがゆえに)人がたくさん通る我が家の前。お花で彩ってもいいじゃない、なんてポリシーがあるわけでもなく、ただお花の方がかわいくて楽しいし、母親が花屋だからお安く手に入るのだ。とはいえ、選り好みはできずお安い花を植えているので本当は好きじゃないけどしばらくパンジーだった。

ホームセンターで、ベコニア、ペチュニアマリーゴールドよりどり10本880円で売られのを発見したので、それら10本と、おじぎ草108円を発見したので買うことにした。2つ。ベコニアは苦手だから入れなかった。

おじぎ草は、

「この草、つっついてごらん。」

「ほら、閉じたでしょ。なんでだろうね。あしたになったらまた開いているんだよ。」

というのを、子供たちに、してやりたかったから。

喧嘩にならないように、2つ。

 

火曜日は、お昼前に保健室から電話があった。ボーイが具合悪くなってしまったとのことだった。青い顔になって、一度リバースしたらしい。学年問わず、同様の子が何人もいたらしい。前日、学校で何かあったのではなかろうか。たどればきっと何か共通項が見つかるに違いない。先生にそんな余裕はないだろうな。

仕事、抜けるの厳しかったけれど、お迎えに行った。

お腹弱いし少食だけど、食べることは大好きなのでかわいそうだった。

一日休んで、登校した日は給食はフライだったから、食べちゃだめだよという形で行かせた。連絡帳にも書いた。

すごくおいしそうで食べたかったと嘆いていた。

夕飯はママの誕生日のお祝いにトップスのケーキ。ほんのすこし食べさせてあげようと思ったら、ご飯を食べ終わった時に、お腹の様子がおかしいみたいだったので、おあずけ。またまたがっかり。結局お腹は何事もなかったけど大事をとって、おあずけ。

パパとガールは、トップスのチョコレートケーキは苦手だった。パパはトップス=おいしい、というのは紅茶の印象だった。

「賢い脳・強い体をつくる食事術」という記事が載っているアエラキッズをポチろうか迷っている。

f:id:dorymogy:20190621143401j:image