読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vol.118 週末 ルルロロとかBBBBとかプラレールとか

水遊びがすきだよねえ。子どもは。

といっても、あまりにも暑すぎるから、私がこの水道で自分を冷やしていた流れではじまったお水あそび。

前の日から公園で遊びたい(この公園指定)と言っていたので連れてきたのだが、それにしても暑かった。

バネで勝手にもどる蛇口をがんばって捻って水をだしているところ。

顔出し写真は抵抗あるんだけど、気に入ったので。(サイズの小ささが抵抗感のあらわれ)

その後、四人でラゾーナへ。

BBBBというバンドとくまのがっこうのジャッキーとルルロロの演奏のイベントがあるのを知ったため。

ルルロロだから見るきっかけになるし、生の演奏を見せられるし、と思って。

それから、遂にプラレールが我が家に。

トーマスのプラレールがあることを知り、自分としては非現実的なオモチャでいいな(連れは、自分が利用している鉄道などの方が楽しいらしい)と一気に買う気が増していた状態で、赤ちゃんほんぽに行ったら思いの外おもちゃだらけで、むすめは「ちゅぱちゅぱアイちゃん」を見つけて欲しがったのだけどスルーして、そのあとすぐに見つけたトーマスのプラレールを「これどう?」って渡したら「これにする」って。

「これにする」ってそもそも何か買ってもらう前提か!

でも、うちの子は、おもちゃ屋さんに行ったのは初めてのはずだからびっくりしただろう。行ったことあったのは、アンパンマンミュージアムのおもちゃ売り場くらいのはず。

その夜だったか、次の日の夜だったか、寝かす時に抱っこしていたら「~ちゃんね、ちゅぱちゅぱアイちゃん欲しかったんだー。」と囁く三歳ガールなのでした。

確かに、お店で発見して興奮しながら持ってきたような気がするけど、気持ち悪い人形系だと思って、本当に瞬時に一蹴してしまったことを思い出し、反省しました。ぺこぺこ。

連れはそのおもちゃのことを知っていて、そして私が、気持ち悪い系の人形と勘違いしているであろうことにも気づいていたらしい。そして、プリキュアの間のコマーシャルにそれが出てくるのでさんざん見ていることも分かった。

一蹴されて諦めて、時間が経ってからボソっと口に出したあたりけっく欲しかったのかな。

普段、自分の欲求に対してそうとう頑固だったりだだをこねたりするのだが、お店で買ってくれーとわめき散らしたことは一度もないので助かる。

その一連の流れがあったせいで、買ってあげようかなという気持ちまで芽生えて、よろしくない。

でも、ちゅぱちゅぱアイちゃん高すぎるし、なんかなあ。でも自分も子供のころパーマンの変身セットとか、鉄人28号のおもちゃとか、テレビのもの持っていた。

これ系のテレビの番組って、おもちゃを買わせる前提の感じで作られていて好きじゃない。(変身の道具とか)

あくまでアニメがあって、それに付随する形でキャラもののおもちゃが存在するのは当たり前だけど。

★録画してあったイチローのドキュメンタリーを見て思う。野球をしているところは好きだけど、この人なんでいつもわけのわからないことをずーっとしゃべってるんだろう。真面目な表情と間を使ってためてしゃべるけど、ずーっと聞いていると、なにいってんの?っていう気持ちになってしまった。理解しない私がアホなのかな。