髪を切った

髪切り難民のドリーです、ごきげんよう。

何年も通っていた美容室が廃業し、次に利用していた1000円カット(1000円ではないが)は、担当の人が異動。試しに別の人にお願いしたら微妙。

もっとずーっと前にやってもらってた人は遠くだし。

どうしようかとぼんやりしているうちに髪の結びがどんどんきたなく。

 

いいかげん行くぞーと決めて、最寄りの商店街を歩き目を付けていたお店を何軒かのぞく。

一軒は、お休み。

一軒は、少し待っている人がいた。

 

一軒には、頭にきた。

カット1000円、デザインカット1500円と書いてあったんだ。お店の外の看板に。
その二つの違いは、明記されていなかった。だから、お店の中に入り、何も言われないからこちらから待ち時間を聞き、「デザインカットとカットの違いはなんですか?」と問うたらば

「あー、そこに書いてあるんで」(イラッ)という返事をよこされた。

指さされた方をみたら、自販機みたいなのがあって、そこに5cm以上切ると1620円と張り紙がしてあった。

「あー、そこに書いてあるんで」 
と 

「5cm以上切るとデザインカットです」 

これ、文字数ほとんど変わりませんけど?

なんなのこの客の扱い!と思って不愉快だったので、この店は却下。

なにこれ、また今日、髪切れないのかよーって思いながらフラフラして、建物の2Fにある1000円カットを発見。2Fにある上に、窓は、全面飾りやお店の宣伝に使われていて中が全く見えない。中が全く見えない美容室って、めちゃめちゃドキドキしませんかね。どういう効果を狙ってるの?(とかいいながら入ったんだけど)

で、割と殺風景な内装で女の美容師さんが3人でやってて、待つこともなかったのでまーいかと。わたくし髪が長いので女の美容師さんの方が安心だし。で、まあ無難にやってもらえたし、待たなかったからまあまた行ってもいいかもしれない。髪の切り方以外に全く会話は無かったのは新鮮だった。となりの席はおしゃべりしてたけど。あと、ずっとかがんで切ってて、「椅子上げないの?」って聞きたくてしょうがなかった。けど、あまりに無言で、どんな性格か分からないから黙っといた。

面白かったのは、全員マスクをしていたこと。
それで、気が付いたんだ。マスクは、年齢隠しなんじゃないかと。そのお店は、美容師さんみんな中年女性なんだよね。でも、マスクをしたら、パッと見では年齢は分からないんだよね。もちろん20代じゃないってことは分かるけど。やっぱり、年をとると頬がたるむじゃない。ほうれい線がくっきりしてくるし。それがマスクで隠れるから、いいよね~。美容師さんだからさ、やっぱりちょっと年齢不明の方がいいよね~。上手だよね~

絶対そうだと思うんだ~あのマスク。

だからまだ、別の髪切り屋さんは探すけど時々行こうと思うんだ~。一年中ずーっと全員マスクしてたらきっとそういう理由だと思うんだ~。だって、何でマスクしてるん?って感じだもん。
病院かよっての。

 

とにかく、結んだ髪のしっぽが汚らしかったのと痛んだ毛先とおさらばできたのでよかったです。

できればカラーとパーマをしたいけど、費用がありません!

Ciao !!